HINAYA

2014年01月24日

ファションのあたらしい未来をみんなでつくる、学ぶ、考える場、衣料再生プロジェクト「Re:」のアトリエがオープン!


衣料品の持ち込み、持ち帰りのサービスは

2015年7月31日をもって終了いたしました。

期間中は、たくさんのご利用ありがとうございました。

 

Re:(リコロン)は新たな活動として、個人やグループでのリメイクや服づくりに

利用できるレンタルスペースとしてリニュールいたしました。

 

くわしくはfacebookページをご覧ください。



「もったいない」を、「もっとほしい」に!


Re omote1.jpg

このたび、京都のテキスタイルメーカー、株式会社ひなや(所在地:京都市上京区/代表取締役:伊豆蔵直人)が、衣料再生プロジェクト「 Re:(リコロン)」のアトリエをオープンします。「Re:」は、持続可能な循環型社会を目指し、衣料品のリユース、リメイクを推進するプロジェクト。本アトリエを拠点に、不要になった衣料品の回収と配布、古着を用いたリメイクファッションの提案を行うことで、リユースとリメイクを目的とした人々が集い、暮らしを豊かにするコミュニティを形成します。


▶持ち込む人は「サポーター」、持ち帰る人は「メンバー」です

Atelier Re:(アトリエ・リコロン)」では、持ち込みの衣料品を無料で引き取ります(おひとり1日 20点まで)。あなたにとって不要な服が、ほかの誰かの手に渡ることで、再びおしゃれがよみがえります。つまり、あなたはその誰かにとっての、たのもしい「サポーター」です。また、「メンバー」になると、アトリエに集まる衣料品を期間中何度でも持ち帰ることもできます(おひとり1日 10点まで)。※メンバー登録には、会費 1,000円が必要です。

▶モノだけでなく、知識や学びも交換できるコミュニティスペースです

Atelier Re:」は、お店ではありません。「ファッション」「エコ」「サステナブル」「ハンドメイド」などをキーワードに、リユースとリメイクを目的とした人々が集い、暮らしを豊かにする、提案型のソーシャル・コミュニティです。単なるモノの交換にとどまらず、そこから地域活性やファッションの未来を考える仕組みをつくるために、学びの場をきっかけにまちづくりを推進する NPO法人「京都カラスマ大学」(代表:高橋マキ)、「職人」と「文化」を時代につなげるためのプロジェクト Terminal81」(代表:宮下直樹)の協力を得て、ワークショップや講座を毎月開催。7月には、「メンバー」がリメイクして生まれ変わった洋服や雑貨を販売する期間限定ショップも登場する予定です。


re ura1.jpg

Atelier Re:(アトリエ・リコロン)

期間:2014 2 4日(火)~7 31日(木)

*サポーター、メンバーの皆さまのおかげで、リコロンは8月1日以降も継続オープンできることになりました!

時間:13時~17時 *日・月曜定休

所在地:京都市上京区寺之内新町東入ル古木町 406-1ひなや本社内

電話:075-441-0254

メール:recolon@hinaya-kyoto.com

 facebookページ:www.facebook.com/recolon.kyoto

Reリコロンアトリエ地図1.jpgのサムネール画像

▶2月23日(日)のオープニングイベントには、石澤彰一さん(押忍!手芸部)とサプライズゲストをお招きします!

buchow.jpg

<特別展示>

Re: × 押忍!手芸部作品展示「re-ma-ke(リマケ)」

期間:2 4日(火)~28日(木) @ Atelier Re

<トークイベント>

開催日:2 23日(日) 石澤彰一さん×スペシャルゲスト

※場所と時間等の詳細は、facebookページなどに随時更新

保存保存保存保存保存保存保存

BACK TO TOP