HINAYA

2014年03月25日

パリでおこなわれたキモノ・インスタレーション「mitasu+ KORI-SHOW」の写真展を開催!

〜国際写真フェスティバル KYOTO GRAPHIE サテライトとして〜
 
HINAYA KYOTO 清水五条坂店は、4月18日(金)〜5月14日(水)の期間、今年2月にパリのシャングリラホテルでおこなわれたキモノ・インスタレーション「mitasu+ KORI-SHOW」の模様を、写真家・小濵晴美の作品展示と共にショーの記録映像にて展示、公開いたします。


mitasu+KORO-SHOW1.jpg

本展では、京都を舞台に伝統文化と現代アートの融合をはかる国際写真フェスティバル「KYOTO GRAPHIE」サテライトイベントとして、HINAYA KYOTO が独自に展開中のキモノを現代ファッションへ昇華しようとするmitasu+(ミタス)」プロジェクトの挑戦を、写真作品や映像を通じて、京都を訪れる国内外の観光客の方々にお披露目してまいります。


mitasu+ KORI-SHOW(ミタス こりしょう)」

mitasu+ 2.jpg

2014年2月3日(月)、ローラン・ボナパルト(ナポレオン・ボナパルトの甥)の旧邸宅で、現在はシャングリラホテルとして活用されている建築内の大広間を借り切って、パリのファッション関係者やジャーナリストおよそ80名を招き「mitasu+KORI-SHOW」と題したキモノ・インスタレーションをおこないました。
 スタイリングはファッションディレクターとしても活躍する山口壮大(KORI-SHOW クリエイティブディレクター)、演出はパリコレクション等も手がける金子繁孝が担当し、アンティークキモノ×ランジェリー、ドレス×古着襦袢のコーディネイト等、従来のキモノの着方や着付ではみられないレディース、メンズの斬新なスタイリングを披露しました。

 今回、展示される小濵晴美の写真作品はパリの趣きある室内を背景に、ショーの本番から舞台裏の様子までを、臨場感あふれるモノクロタッチで表現したものとなります。

  同期間中に「mitasu+ KORI-SHOW」のショーで着付を担当したキモノスタイリストの大竹恵理子によるアンティーク、古着キモノ等の展示も並行しておこないます。

mitasu+KORI-SHOW3.jpg


国内最大級のアンティーク、リサイクルキモノのアーカイブをほこる「ICHIROYA」協力のもと、大竹恵理子によるセレクトでオーセンティックからアヴァンギャルドまで、幅広いキモノスタイルを表現して、現代のリアルクローズとしてのキモノの可能性を、ご来場の方々に実物の展示でも体感いただけるようしてまいります。



小濱晴美(おばま はるみ)

小濱さん1.jpgのサムネール画像
♂ 

1974年生まれ。福島出身。写真家。各種メディア、書籍、広告等で活動中。

obamaharumi.com





大竹恵理子

大竹さん1.jpg

父が建築士、母が和裁士という家庭に生まれ育ったため、自然と日本文化に興味を持つ。

長沼静きもの学院にて、一般的な着付けをはじめ、花魁などの時代衣裳、白無垢などの婚礼衣裳まで、様々な着付けを学び、2006年(株)着物屋くるり入社。以降、くるりのスタイリング・着付け全般を担当。2013年くるりを退社。
現在は、雑誌や広告、ショーなど、様々な媒体で活動中

http://eriko-otake.com/


BACK TO TOP