HINAYA

2015年03月31日

「 i a i   山 わ ら う 」 清水五条坂 店内 企画のお知らせ

HINAYA KYOTO 清水五条坂店は 4月28日(火)〜5月7日(木)の間、「 i a i 山 わ ら う 」と題して、 i a i (いあい)のデザイナー 居相大輝氏による滞在制作および販売会を催します。


image1.jpg


服づくりは専門学校へ行かず、東京で writtenafterwards 山縣良和氏が主宰する ここのがっこう において「ファッションとは?」のエッセンスとして学び、その後 nusumigui  山杢勇馬氏 のアシスタントとして独自の服づくりや技法を習得。2年半の共同制作を経て2015年に独立。彼の地、かの土地柄を大切にする服づくりがしたい、と故郷である福知山(京都)を拠点に新たに出発をされました。
そんな i a i の想いや衣服を紹介します。

24歳。若くてキャリアは浅い青年ですが、服づくりに対する 情熱 は 抜群。
ゴールデンウィーク期間中、ひとりでも多くの方に i a i とふれていただければ幸いです。


 i a i     山 わ ら う 


    日時  2015年4月28日(火)〜5月7日(木) 10ー19時
   
    場所   HINAYA KYOTO 清水五条坂店
                 
                   京都市東山区五条橋東4丁目452ラティエール五条坂1階
           tel (075)551-3558


image2.jpg


以下、居相氏の言葉でご案内申し上げます。


 i a i は、くらしのなかに 光をみれる衣

そんな在りようの衣に 想いを馳せ
速い服たちの ずっとうしろから遅れてゆきます


iai3.jpg


ぼくがうまれた京都、夜久野町にかえってきてから想うことがたくさんあった。

朝、鳥がただないていること。

日ぐれの山あいに射すひかり
あるときは匂い
あるときは雲のながれに敏感な人人
敷地の花をしずかな夜にくいあさるシカ
それにやられた顔をする人
いままで出逢ったことのない衣を着て、にんまりする人
そっとひかえめに、ひかえめに踊る人
農夫のなりで町ゆく人
花をながめるたたずまい
その凛とした、けれどやわらかいたたずまいは暮らしそのものだった。
最先端もない。流行も着飾りもないこの町で、どこにでも在るようなそれでも唯一の日本のささやかな町で、息づく人人のくらしがファッションだとおもった。
ぼくがうまれそだったこの町で、いろいろなものをひろいあつめて素直につくりあげました。

 i a i のふくは、ふるい布ももちいています。

つむがれたところをそのままつかったり、花染をしたり、あるいはいろあせたところをつかったり

くらしのしぐさに馴染んだ沁みやよごれを愛おしむこころをたいせつに想うのです。
 i a i をどうかよごしてくださいませ。
花のさかりに踊ってころげてついた沁み、だいかんげいです。

はやりない、着飾ることでもない

人人がくらしのなかでただうつくしく、というふく。

足をはこんでご覧いただけると嬉しいです。

 

デザイナー 居相大輝

https://instagram.com/TAIKIIAI/


<本件に関するお問い合わせ>

株式会社ひなや  

大森理恵

press@hinaya-kyoto.co.jp


BACK TO TOP